2019/05/30

【出演情報】ジエン社『ボードゲームと種の起源・拡張版』(脚本・演出:山本健介) 2019.5.29(水)〜6.9(日)

The end of company ジエン社
『ボードゲームと種の起源・拡張版』
2019年5月29日(水)〜6月9日(日)
@こまばアゴラ劇場


【脚本・演出】
山本健介

【出演者】
須貝英
高橋ルネ
寺内淳志
中野あき
名古屋愛(無隣館)
湯口光穂(20歳の国)
善積元

【タイムテーブル】
2019年5月29日(水)〜6月9日(日) ※6月4日(火)は休演日
5月29日(水)19:30★
30日(木)19:30★
31日(金)19:30★
6月1日(土)14:00/19:00
2日(日)14:00/19:00☆
3日(月)19:30☆
4日(火) -休演日-
5日(水)19:30☆
6日(木)14:00/19:30☆
7日(金)14:00/19:30☆
8日(土)14:00/19:00☆
9日(日)14:00/18:00
開演の45分前より受付開始・開演の30分前より開場

★☆星印の回には終演後イベントが開催されます。
★・・・終演後、ジエン社主宰・山本健介とゲストによるアフタートークを行います(約20分)
◉5月29日(水)19:30 渡辺範明さん(ドロッセルマイヤーズ代表)
◉5月30日(木)19:30 トークゲスト:丸田康司さん(すごろくや代表)
◉5月31日(金)19:30 佐々木敦さん(批評家/HEADZ)

☆・・・終演後、劇中登場するオリジナルゲーム『魔女の村に棲む』を実際にプレイして頂ける"アフターボドゲ会"を行います(約30分)

*終演後イベントは各回該当公演のチケットをお持ちのお客様のみご参加いただけます

【会場】
こまばアゴラ劇場
東京都目黒区駒場1-11-13

【チケット料金】全席自由
一般(前売・予約) 3800円
一般(当日) 4300円
18歳以下(前売・予約・当日) 1000円 *要身分証

【チケット発売日】
2019年4月7日(日)12:00〜

【チケットご予約】
◉こりっち
ticket.corich.jp/apply/98436

◉演劇パス(要会員登録/クレジットカード・PayPal利用可能)
engeki.jp/pass/redirects/link/545

【スタッフ】
美術:泉真
音楽:しずくだうみ
音響:田中亮大(Paddy Field
照明:みなみあかり(ACoRD)
舞台監督:吉成生子
衣装:正金彩
演出助手:寺田華佳
写真:刑部準也
Web・宣伝美術:合同会社elegirl
制作:加藤じゅんこ
総務:吉田麻美
協力:ECHOES
芸術総監督:平田オリザ
技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)/かまどキッチン
企画制作:The end of company ジエン社 / (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

【お問い合わせ先】
https://elegirl.net/jiensha/contact

最新情報はジエン社ウェブサイト(http://elegirl.net/jiensha/)・Twitter(https://twitter.com/jiensha)をご確認ください。



【関連記事・リンク】
ジエン社ウェブサイト/「ゲームマーケット2019春」に出展します。
ジエン社ウェブサイト/[取材] 山本健介×すごろくや 丸田康司
ステージナタリー/ジエン社「ボードゲームと種の起源」を“拡張”して上演、新キャストに須貝英ら
CoRich舞台芸術!/ボードゲームと種の起源・拡張版

※4/2 タイムテーブル・チケット取り扱い情報を更新しました。
※4/11 トークゲスト情報を更新しました。
※5/21 トークゲスト情報・関連記事を更新しました。

2019/05/23

【出演情報】読売テレビ『向かいのバズる家族』第8話

読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト 木曜ドラマF
『向かいのバズる家族』先日の第4話に続き、第8話に出演しております。

5/23(木)23:59〜日本テレビ系列にて放送予定
ぜひご覧下さい。

https://www.ytv.co.jp/buzz/
https://gyao.yahoo.co.jp/special/buzz_drama/

2019/04/20

【出演情報】読売テレビ『向かいのバズる家族』第4話

読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト 木曜ドラマF
『向かいのバズる家族』第4話に出演しております。

4/25(木)23:59〜日本テレビ系列にて放送予定
ぜひご覧下さい。

2019/03/21

【出演情報】映画『翔んで埼玉』

映画『翔んで埼玉』にちらっと出ています。
http://www.tondesaitama.com/

ここに書いていいのかわかりませんが、読み合わせの代読(不在の方のセリフを言う係。手分けして数十の役をやりました)を務めたのも、とても愉快かつ興味深いお仕事でした!

2019/01/13

【出演情報】2019.1.13(日) 『これは演劇ではない』関連イベント「山田亮太『オバマ・グーグル』上演のための構想メモ」を実行してみる

『これは演劇ではない』関連イベント「山田亮太『オバマ・グーグル』上演のための構想メモ」を実行してみる

▼日程
2019年1月13日(日)19:00開演

▼コーディネーター

▼出演
善積元

▼会場

▼料金
入場無料・予約不要 
*開場は開演の20分前
*入退場自由・全席自由


「名づけられない労苦を経て送られた膨大な支援物資の記録。押し寄せる波のただなかに立ちつくす自動販売機のシルエット。<オバマ>という現象をめぐりインターネット上を駆け巡るニュース。事実と記述から取材され選択された無数の言葉は、詩という独自の生命体で不滅の文字となってよみがえる。」(山田亮太『オバマ・グーグル』思潮社webサイトより) 

現代詩手帖11月号に掲載されたカゲヤマ気象台の文章「山田亮太『オバマ・グーグル』上演のための構想メモ」を実際に試みてみる企画です。 詩の主体と演技の主体、言葉を前にした身体のありようについてなど、詩と演劇にまつわる試論を中心としたテキストを基に、2名の俳優が議論をしながら詩集『オバマ・グーグル』のための演技を探ります。ポストインターネット時代の身体性を起点として現代詩を上演するという方法から、演劇において言葉とは何なのかという終わりのない問いに対し、新しい展開をもたらすことができればと思います。  

会場ではAokidデザインによる限定「オバマ・グーグルTシャツ」も販売。入場無料。フェスティバル『これは演劇ではない』をより深く楽しめるイベントとなるでしょう。 
(コーディネーター:カゲヤマ気象台)